ゴルフをプレーする場合の基本的な罰則などの対象をご説明します。

まず、ティーアップするためなどに土を盛った場合や、
ティーイング時にティーペッグを使わず地面を盛り上げたりして
ゴルフボールをおいても特に罰則はありません。

空振りをした場合。基本的にゴルフでは空振りした場合でもストロークをしたことになり、
その場合空振りの時点でワンプレーとみなされゴルフボールが止まった
位置からプレーをしなければいけません。

特に罰則はないですが空振りでも1打とみなされてしまいます。

ゴルフをプレーする場合。朝のティーショットを打つ前に
ヘッドに鉛を貼ることはラウンド前に行えば問題ありません。

ですが、プレー中に鉛を貼ることも剥がすことも禁じられており、
これに違反すると失格となります。

プレー中にシャフトが折れた場合。プレー中にシャフトが折れた場合でも
途中交換や修理などは認められています。

ゴルフボールがプレー中にヒビ割れた場合。ゴルフのプレー中にゴルフボールが
ヒビ割れた場合は競技者に申し出て交換することができます。

また、ヒビ割れた可能性がある場合、その場でゴルフボールを手に取り
調べたりすることもできます。

以上、簡単なペナルティの説明でした。
この他にもまだまだ沢山のペナルティ対象又は対象外となるものがあります。

今からゴルフを始められる方は前もって知っておくといいですね。