本当は怖い脳卒中!原因・治療

グッチ-です。

今回は脳卒中です。

脳卒中は糖尿病や高血圧と違って命にかかわる病気です。

グッチ-の母親も2年半前に脳梗塞になりました。

近くに有名な脳専門の病院があったので、

自分でちょっとおかしいと思い受診したところ、

即入院し点滴治療で後遺症もなく治りました。

しかし、今年の4月どうも頭がフラフラするので、

同じ病院に受診したところ今度は、

軽い脳出血をおこしているので即入院。

今度も点滴治療で治りましたが、

急に動いた時軽いふらつく後遺症が残りました。

みなさんも気を付けてください。

概要

脳卒中とは、脳の血管に異変が生じる疾患です。

脳卒中は脳出血・脳梗塞・くも膜下出血に分けられます。

脳梗塞は脳血管が「詰まる」のに対し、

脳出血とくも膜下出血は脳血管が「破れる」といった違いがあるのです。

脳卒中は癌、心臓病についで日本人の死因第3位で、

以前と比較すれば順位がダウンしてるのですが、

患者数はまだまだ多く、日本人にとって重大な問題であることに違いはありません。

原因

脳梗塞

脳梗塞は、脳血管が詰まってある場所に血液が行かなくなることによって、

そこの部分が死んでしまって障害が出る事です。

脳梗塞は血管の詰まり方により太い血管の内側に血栓が起こるアテローム血栓性梗塞、

細い血管が詰まるラクナ梗塞、

それから心臓で出来た血栓が血流に乗り脳の血管に詰まる心原性塞栓症と、

さらに細かく分類出来ます。

脳出血

脳出血では、脳の中にある小さな血管が破れるとか、

出血を起こすことで脳機能が傷害された状態なのです。

くも膜下出血

くも膜下出血は脳動脈瘤という血管の異常が破けて、

脳の溝や表面に血液が溢れ出てしまった状態です。

脳動脈瘤以外の病変で起こることもあり得ます。

症状

 片方の手足・顔半分のまひ・しびれが起こる

 ろれつが回らなくなる、言葉が出なくなる、他人の言うことが理解できなくなる

 力はあるのに立てなくなる、歩けなくなる、フラフラする

 片方の目が見えなくなる、物が二つに見えるようになる、視野の半分が欠ける

 経験したことのない激しい頭痛がする(くも膜下出血の場合)

どれも突然起きること、それに麻痺()やしびれが体の片側に起こることが特徴です。

脳卒中を起こした場合、こういった症状の中で、1つだけが起こることもあれば、

いくつもの症状が重なって現れることもあります。

自分自身や身近な人たちにこうした症状が出た場合には、

一刻も早く医療機関の受診をして下さい。

検査・診断

脳卒中が疑われると、頭部MRI・脳MRIなどの画像検査をします。

頭部CT検査では、CT画像で白い部分(出血部位)、黒い部分(梗塞部位)やむくみがあるか調べます。

白い部分が見つかれば手術が必要かを検討、黒い部分が見られれば脳MRIを実施して、もっと詳しく調べます。

その際、梗塞血管が詰まっている位置を具体的に確認するため、造影剤で脳血管撮影を行う場合もあります。

治療

脳梗塞

脳梗塞に対しての外科的治療として、

発症してから4~5時間以内の患者さんだけに使えるt-PA静注療法という治療や、

発症後すぐ実施するカテーテルを使った血栓回収治療などがあります。

それから、内科的なアプローチとして以下の治療法があります。

 点滴や飲み薬による脳血流改善

 血栓をできにくくする抗凝固療法、抗血小板療法

 脳梗塞後に脳内で発生する活性酸素などの有害な物質を除去して脳の障害を予防する脳保護薬 など

脳出血

脳出血の場合では、出血量が少なければ高血圧の改善や脳の腫れを抑える薬による保存的な治療を行います。

逆に、出血量が多く命に危険が及ぶ場合には、手術で血腫を取ることもあります。

くも膜下出血

くも膜下出血の治療では開頭手術をして、

血管の瘤が2度と破裂しないように金属性のクリップで挟んだり、

血管内カテーテルを使って瘤の中にコイルをつめたりします。

まとめ

グッチ-の母親は早期発見早期治療で命に別状がなく、

大きな後遺症もなく普通に生活ができています。

みなさんも、上記に似た症状が出た場合、

早期に脳外科の受診をおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

本当は怖い高血圧!治療法

どーも、グッチ-です。

今回は、ちょっと前の健康番組で塩っからい食事を食べている人を、

どうやったら塩分を減らせるかをやっていました。

塩分の薄い食事って美味しくないですよね!

グッチ-も味の薄い食事は好きではないです。

塩分を減らすには、みそ汁で例えると出汁をしっかりとる。

かつお・いりこ・昆布の出汁の味が出ると、

塩をあまり入れなくても大丈夫みたいで、

食べた人は「美味しい」って言っていました。

昔の人の知恵って凄いなーと感心しました。

ライフスタイルの改善

高血圧の治療に欠かすことのできない「生活習慣の改善」は、

薬によらない降圧治療と危険因子の軽減という、

自分でできる治療の“守備範囲”を確実にこなし、実践することが大事です。

当然血圧の高さ、臓器障害や合併症、危険因子の程度によって、早期から降圧薬による治療となりますが、

いわゆる「軽症高血圧」の方は、非薬物療法(生活習慣の改善)から開始します。

〔1〕塩分の制限

日本人の食塩摂取量は1日平均約13グラムですので、

高血圧の人ではその約半分程度の、6~8グラムに減らして下さい。

日本人の食事の材料には、1日約2グラムの食塩が入ってていますから、

調理や食事中に使う食塩、しょうゆ、みそなどからの塩分を4~6グラムに減らすことが大切です。

加工食品、インスタント食品や外食の時にも、塩分に注意して下さい。

加工食品の中には、ナトリウムの量を表記し、食塩量は書いていないものがあります。

〔2〕肥満を治す

肥満の人はそうでない人と比べて、高血圧が2~3倍多いことが分かってます

運動療法だけでは体重を減らす事は難しいので、食事療法を中心に行います。

〔3〕酒はほどほどに

飲酒量が増えるほど血圧が高くなり、高血圧になりやすいこと、

毎日飲む人やアルコール依存症の人では禁酒や節酒により血圧が下がることが判明してきました。

高血圧の人への医学的勧告では、1日のアルコール摂取量を

「30ミリ・リットル以下」にセーブするよう求めています。

これはビール大ビン1本、日本酒1合、ウィスキーダブル1杯までということになります。

しかし女性や体重の軽い人では、これより少なくする、という勧告もでています。

〔4〕適度の運動

降圧を目的とした運動療法は、軽度の高血圧で心臓血管系の合併症がない場合が対象となるので、

初めに主治医によく相談してください。

手足の大きな筋肉が収縮・弛緩を繰り返す全身運動、

例えば歩行、ジョギング、自転車、ゆったりした水泳などが適してます。

運動の強度はどの程度にすべきか?

脈拍数が1分間に110~120位、1回60分、週3回もしくは、

1回30分、週5~6回することをおススメします。

〔5〕カリウムを十分に

案外知られていないのがカリウムの効果です。体内の重要なミネラルの一種であるカリウムは、

野菜、果物、豆、いも類に多く入っていて、摂取が多いと血圧を下げる効果があります。

また摂取が少ないと、血圧を上げるように働くので、上記の食品を十分に取ることが必要です。

茹でたり、煮たりすると、汁に出てしまうので、調理法を工夫してください。

※腎臓の悪い人はカリウムの制限をしなければいけません。

〔6〕ストレスの管理

精神的なストレスが、高血圧の原因になっているという明確な証拠はまだありません。

当然、ストレスを緩和するだけでは高血圧の治療にはならないのですが、

日々心身をリラックスさせるように努力し、ストレスによる血圧の上昇を防ぐのは重要なことです。

〔7〕禁煙

喫煙によるニコチンの急性効果として、一時的に血圧が上がりますが慢性的な血圧上昇作用はありません。

しかし、吸う本数の多い人では血圧が高くなる時間が多くなります。

また、禁煙は降圧治療の目的を行なうための必須条件です。

まとめ

やっぱり食事は大事ですね!

先日デパ-トのDMの中に面白い商品がのっていました。

形は体温計みたいなかんじでみそ汁・丼ものの中に入れると、

0~90℃までの範囲をボタンを押すだけで簡単測定、

塩分濃度0.3~1.5%の範囲をLEDで表示、

換算シ-トでグラム数がわかる。

高血圧には塩分は天敵です。

便利な物もあります、しっかり塩分をコントロ-ルして、

高血圧を進行させないように頑張って下さい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

本当は怖い高血圧!危険性・原因

グッチ-です。

今回は、生活習慣病の中の高血圧です。

昔テレビの健康番組で見たのですが、

寒い地域の人は血圧が高い人が多いそうです。

理由としては、冬の大雪で外出が出来ない為、

食料の保存方法として漬物や梅干しなど、

塩を大量に使うおかずなどを食べるため、

高血圧の人が多いらしいです。

高血圧の危険性とは?

なぜ治療が必要なのか?

「高血圧と診断されたけれど、とても元気です」という方がいますね。

それなのに、どうして治療が必要なのでしょう?

じつは高血圧の場合、自覚症状があるないは、大して重要ではありません。

血管をホースに例えてみましょう。

水道の蛇口につないだホースに水を流し、口の先を押さえ水を勢いよく流すと、

中の水圧が高くなります。すると何が起こるでしょう?

新品のホースはまだましですが、古くて弱ったホースなら、

すぐに亀裂が生じたり、破れてしまう危険性が出ます。

血管にも、これと全く同じことが言ます。

例えどんなに厚くて強い血管でも、長期間、高い圧力がかかれば傷ついてきます。

それでなくとも、人間の身体は年齢と共に衰えるわけですから、

血管が破れる確率はますます上がっていきます。

そういう理由で、血圧を危険性の低い数値にまで下げることが重要であるのです。

血圧の治療は、将来可能性がある動脈硬化による病気、

つまり心筋梗塞や脳梗塞に対する「予防」だと考えて下さい。

血管に無理をさせず、出来る限り長期間良い状態で使えるようにするということです。

高血圧の原因

高血圧の原因には遺伝的体質や過度の塩分摂取、肥満などが考えられますが、

さまざまな要因が複雑に重なりあっている場合がほとんどになります。

とりあえずは自分の血圧を知る所から始めてみてください。

朝起きた時と、就寝前の1日2回、自分で血圧をチェックしてみて下さい。

血圧計は、最も安定した測定のできる腕に巻くタイプをお奨めします。

一般には血圧は、睡眠時は下がり、起床すると上がります。

高血圧の人は、目が覚めた時急激に血圧が上がる可能性が高いので、

朝、起き抜けに心筋梗塞や脳梗塞をおこしやすいというわけです。

日常生活を普通に送っている人であれば、血圧は低いほうが安全だとといえるでしょう。

ですが、病気で急に血圧が下がった場合は危険がありますし、

低血圧のせいで立ちくらみを起こすなどの場合は注意が必要です。

高血圧治療を始めるには、自分自身の生活習慣をよく見直し、

医師としっかり相談しながら、適切な治療法を見つけ、

経過を見ていくことが重要だと思います。

定期的に薬を飲む事に抵抗を感じる人もいますが、

薬の服用も、食事と同様なものだと思ってみると良いと思います。

まとめ

高血圧もやっぱり自覚症状がなく、

静かに進行していく怖い病気です。

それから、人間は年をとるとどうしても血圧は上がります。

その事をしっかりと理解して、

なるべく血圧を上げない生活をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

本当は怖い糖尿病!合併症

グッチ-です。

今回は糖尿病の症状、怖い合併症、検査、治療を書いてみます。

先日テレビで30代の男性人が糖尿病に突然なったと言っていました。

その人は、全然太っていませんでした。

普通は暴飲暴食で肥満になり糖尿病を発症するのですが、

その男性は外での仕事だったので、

今年の夏の猛暑を乗り切るため一生懸命スポ-ツドリンクを、

1日2リットル以上飲みました。

その結果ある日突然体がだるくなり、

病院で診察してもらうと糖尿病と診断されました。

良いと思って飲んでいたスポ-ツドリンクが、

まさか糖尿病の原因になるとは思っていなかったみたいです。

※500mlのスポ-ツドリンクに角砂糖約6個

糖尿病の症状

トイレの回数や尿の量が増す

血糖値が上昇すると尿の量が増すため、トイレに行く回数が多くなります。

「最近トイレが近い」と感じたら糖尿病を疑ってみましょう。

高血糖の状態が続くとブドウ糖を多く含む尿が排泄されるので、

こういった尿は泡立ち白く濁ったり、甘い臭いがあるのも特徴です。

朝起きてすぐの尿は濃いので、尿の変化を感じやすくなっています。
トイレに行く時に尿の変化をチェックするといいでしょう。
のどが渇く
トイレの回数が増えれば、体内の水分が減るので、
水分を補おうとするため、のどが渇くことになります。そのため水分を補おうとするため、のどが渇くことに「水分を沢山補給したのでトイレの回数が増えた」と思わず、
普段より水分を多く飲んでいるとしたら糖尿病を疑うことが重要です。

しっかり食べているのに痩せる

糖尿病になると、インスリンの分泌量が減ったり十分効かなくなったりします。

そのため、食べた物に含まれているブドウ糖をエネルギーに変える事が無理になります。
食事をしてもエネルギーを十分調達でき無くなると、
筋肉や肝臓等に貯蔵するグリコーゲンを分解してエネルギーとして使用し始める為、
体がだんだんと痩せていきます。

体がすぐに疲れる

糖尿病によりブドウ糖をエネルギーへ変えづらくなれば、

正常な身体活動ができなくてなります。
その為、体がだるい、疲れる等の症状が出てくるようになります。
集中力が低下したり、うつに近い症状が出たりする事もあります。

 糖尿病の合併症に要注意

糖尿病治療の目的は合併症予防

糖尿病は進行しても、痛み等の自覚症状がほとんどありません。

健康診断の結果で「血糖値が高い」と診断されても、体の変化はわからないでしょう。
その為、糖尿病になっても放っておく人が多くいるのです。
こういう状態が続き糖尿病が少しずつ進行すると、
糖尿病以外の病気のリスクが多くなっていくのです。
こうして起こる病気が合併症です。

糖尿病の「三大合併症」

糖尿病網膜症

高血糖状態が続くと網膜の毛細血管が障害され、進行していくと失明してしまいます。

末期になるまで自覚症状がほとんどないため、

眼科での年1回以上の眼底検査を行うことが大変重要になります。

糖尿病神経障害

高血糖状態が続くと手足の痛みやしびれ、進行して知覚が低下した場合、

足潰瘍や足壊疽になり最悪の場合足の切断をしなければなりません。

糖尿病腎症

高血糖状態が続くと腎臓の糸球体が障害され初期には尿アルブミンが、

障害が進行すると尿蛋白が増加します。

人工透析を新規に始める人の約半数は糖尿病腎症が原因です。

糖尿病の診断、検査、治療

糖尿病の診断

糖尿病は進行するまで症状がほとんど見られません。

その為、糖尿病を発症しているのかを自覚するには、

健康診断の検査で分かるケースがほとんどになります。

しかし、健康診断で血糖値が正常域を超えていたとしても、

糖尿病と直ぐに診断されるということではありません。

糖尿病かどうかは、高血糖の状態が慢性的に継続しているかを判定して初めて診断されるのです。

糖尿病の検査

空腹時の血糖値126mg/dl以上、食後120分血糖値200gl/dl、いずれかを満たすものを糖尿病型。

HbA1cが6%以上が糖尿病が疑われる。

※HbA1cとはブドウ糖と結びついたヘモグロビン(血色素)で、過去1~1.5ヶ月間の平均血糖値

糖尿病の治療

糖尿病の治療は、食事療法と運動療法が大変重要です。食事内容を工夫改善し、

軽度な運動を毎日の生活に取り入れるようにします。

薬物による治療は、何種類の薬を組み合わせることがよくあります。

また、糖分の吸収を抑制して血糖値の上昇をコントロ-ルする薬を使うこともあります。

まとめ

1度糖尿病になると完治は出来ません。

しかし、低カロリ-の食事・適度な運動・投薬治療・体重のコントロ-ルで、

気を付けなければいけませんが普通の生活が出来ます。

まずは糖尿病にならないように、

普段の食生活から気を付けて健康を維持していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

本当は怖い糖尿病!血糖値・種類!

どうも、グッチ-です。

生活習慣病の中の「糖尿病」

みなさんは糖尿病の本当の恐ろしさを知っていますか?

「甘いものの食べ過ぎで血糖値が高くなるだけでしょ」っとか、

「好きなものばっかり食べて太ったからなるやつでしょ」という答え正解です。

じゃあ甘いものを食べず、好きなものばっかり食べなかったら糖尿病にはなりません。

しかし本当に怖いのは合併症なんです。

血糖値とは?

糖尿病は、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が上昇する病です。

ブドウ糖はお米やイモ類等の炭水化物、砂糖や果物に多く含まれている糖質の仲間で、

そうした物を口にすると胃や腸でブドウ糖に分解されて、小腸から血液中に取り込まれます。

濃度の上昇によって糖尿病発症するとは言え、ブドウ糖は私達が生きていくには欠かすことができない栄養素です。

糖尿病の種類

糖尿病の種類は1型糖尿病、2型糖尿病、その他の糖尿病に分類されます。

1型糖尿病は、インスリンを合成・分泌するβ細胞が破壊、または無くなってインスリン不足を招く病気です。

原因は自己免疫疾患、ウイルス感染などが考えられます。

小児から思春期に発症するケースが多いのですが、中高年で発症する事もあります。

1型糖尿病は進行を止めるのが難しいので、診断された場合は必要なインスリンを注射で補うインスリン療法をすぐに行います。

2型糖尿病は、遺伝的な原因によるインスリン分泌の遅延や低下に加え、食べ過ぎ、

運動不足に伴う肥満などの環境因子により、インスリン抵抗性が始まって少しずつ進行します。

2型糖尿病になる原因は遺伝のほか、運動不足や食べ過ぎという日々の生活習慣に関わる物が多いです。

発症年齢は40歳以上に多いながらも、近年は子ども世代も増加しています。

何と言っても肥満が発症に相当な影響を与えます。

その他の糖尿病は、遺伝子の異常によって発症するものや、他の疾患や条件が発端となって引き起こされるものがあります。

特に2型糖尿病は全糖尿病患者の90%以上を占めています。

一般的には糖尿病といった場合、2型糖尿病を意味している事が多く、

次は重点的に2型糖尿病に関して解説いたします。

まとめ

今回は血糖値と糖尿病の種類について書きました。

近年は子供の糖尿病も増えてきています。

原因として「ペットボトル症候群」があげられます。

「ペットボトル症候群」とは、のどが渇いて清涼飲料水を飲むのですが、

砂糖が沢山入っているため1回飲み終わると又すぐに飲んでしまい、

結果沢山飲み過ぎて砂糖の取り過ぎで糖尿病になってしまいます。

グッチ-の子供のころは自動販売機もコンビニもありませんでした。

だからジュ-スは駄菓子屋でベビ-コ-ラを飲むくらいでした。

今はお菓子やジュ-スの種類が沢山あり、

24時間営業のコンビニがあるので好きなものが好きな時に食べられる、

グッチ-の子供のころと比べていい時代になったと思います。

しかし飽食の時代いろいろな病気が出て来て大変です。

みなさん自分の体は自分で守りましょう。

子供の体は親御さんがしっかり守ってあげましょう。

※ベビ-コ-ラとはオロナミンCぐらいのびんに入っている炭酸飲料です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

本当は怖い心臓病!治療・予防法

グッチ-です。

10年くらい前70過ぎの男性が治療にきました。

10月の涼しい日だったのですが、

グレ-のTシャツの前後3分の2くらいが、

汗でびっしょりでした。

「どうしました」って聞くと「背中がもの凄く痛い」

とりあえずベットに横になってもらい、

背中を押さえても痛い所が無いのですが、

背中の痛みを訴えるので、

これは心臓だと思いすぐにかかりつけの病院に行ってもらいました。

後から奥さんに聞いたのですが、

かかりつけの病院から救急車で、

大きな病院に運ばれて助かったそうです。

病名は心筋梗塞でした。

助かってよかったと心から思いました。

狭心症の治療

狭心症の治療では狭くなってしまった血管を広げ、

血流を改善する事が目的です。

硝酸薬・カルシウム拮抗剤、

皮膚から薬を吸収する貼付剤などを使って治療します。

発作時は安静にして治らない場合、

即効性のあるニトログリセリンなどの舌下錠を服用します。

再び発作が起きる状況を本人がわかっていることも多いので、

意識的にそのような状況を避ける事も重要です。

重症の場合心臓カテーテル検査をおこない、

経皮的冠動脈形成術(PTCA)・ステント療法が必要になることも考えられます。

カテーテル治療が困難な場合、冠動脈バイパス手術に切り替える場合もあります。

心筋梗塞の治療

急性心筋梗塞は、発病の早期に亡くなる場合も多く、

一刻も早く診断・治療を行なうことが大切です。

酸素吸入や、胸の痛みを抑える鎮痛剤・硝酸薬・抗血栓薬などを投与します。

血栓を取り除く血栓溶解療法(PTCR)・PTCA・冠動脈バイパス手術、

合併症の予防などがおこなわれます。

治療法は、病気の状態や心筋梗塞の範囲を考慮して決定します。

急性期より回復したら、血圧や心電図等の状態をチェックしながら、

徐々に行動範囲を広げて、運動量を増やして行きます。

薬も点滴や注射から、

内服薬へ徐々に切り替えます。

急性心筋梗塞の場合、およそ平均で10日~20日間くらい入院するのが一般的です。

これは、治療後の合併症の有無や、容態の急変に素早く対応するためなのです。

また、バイパス手術を行なった場合は、一般的には2~3週間ほど入院します。

不整脈の治療

不整脈の治療は、不整脈が発生する箇所や、

脈の状態(脈の速さ・遅さ・持続時間)など病状により異なります。

一般的には薬物治療や心臓ペースメーカー、ICD(植え込み型除細動器)、

カテーテルアブレーションなどで治療します。

治療法の選択には、心電図やホルター心電図で検査を行なう必要があります。

心臓病の予防

心臓の病気は、先天性以外は、

不摂生な生活習慣の積み重ねが原因ということが大半です。

狭心症や心筋梗塞の危険因子は動脈硬化で、

虚血性疾患は、生活習慣病の一種だとも言えます。

心臓病を予防するには、

過食・飲みすぎ・肥満・運動不足・ストレス・過度の興奮・運動のし過ぎを避けるべきです。

それから、十分に休養や睡眠をとり、

血圧のコントロールや禁煙をするように心がけて下さい。

心臓について気になる症状がある場合は、早めに病院を受診する事も重要です。

心臓による突然死が多いのは、日曜日と月曜日!?

心臓突然死の発病率が高いのは、日曜日と月曜日で、

特に明け方に多いと産業医の統計でも言われてます。

また、勤労者(40-70歳代)の男性に多いと結果も出ています。

明確な原因は特定されていませんが、土日にゆっくり休養せず、

日曜に普段以上に飲酒したり、無理に外出してしまうことが原因とも言われています。

また、「月曜からまた仕事が始まる」という強いストレスや、

身体のリズムの変化が原因だという説もあります。

その為週末だとしても、無理をせずゆっくりと休むことも重要です。

まとめ

心臓病の治療は1分1秒を争います。

上記の患者さんを自分が、

背中の痛みで治療していたら、

症状がひどくなりもしかしたら、

命に関わっていたかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

本当は怖い心臓病!症状・種類・検査法

グッチ-です。

夏の猛暑から一転、めっきり秋らしくなってきました。

猛暑に負けないぞって気合をいれて7月・8月を乗り切り、

9月に入って涼しい日が続くとホッとして気をぬいて、

そうすると途端に体調を崩す人が沢山でます。

「快食」・「快眠」・「快便」で体調維持していきましょう。

心臓病の主な症状

心臓病は脳卒中、ガンとともに日本人の三大死因に数えられる深刻な病気です。

最近は若い働き盛りの年齢層にも心筋梗塞の、

虚血性心疾患が増加しています。

主な症状

息切れ

普通に歩いたり、ちょっとした階段を登ったりした時に、

ハ-ハ-というような息切れを感じます。

動悸

普通は自覚していない心臓の拍動を感じることで、

脈が速い場合や不調な場合に感じます。

胸痛

針で刺されるような痛み、重たい石を乗せられたような重さ、

胸を縛られているような重苦しい感じがあります。

心臓病の種類によって人それぞれ痛みは様々あります。

むくみ

長い時間座っていないのに、足が靴に入りづらくなる。

靴下をはいた跡が肌にクッキリ残る。

向こうずねを指で圧迫すると指の跡が残る。

めまい

瞬間的にフラフラしたり、目の前が真っ暗になったりします。

悪心・冷や汗などを伴う可能性もあります。

心臓病の種類

狭心症

心臓の筋肉に栄養を送っている冠状動脈が動脈硬化で狭くなり、

負担がかかった時に一時的に血流が滞り、

心筋が酸素不足(虚血)になった状態です。

冠状動脈の痙攣で一時的に動脈が狭くなって起こる可能性もあります。

主に胸の前側の締めつけ感、圧迫感、不安感など数分間痛みが継続し、

安静にしていると痛みはなくなります。

心筋梗塞

狭心症の原因である冠状動脈(心臓に栄養を送る血管)の血液不足が進行し、

心筋の壊死が起こります。

その時に危険な不整脈や障害の程度によって心不全を併発し、

死亡するケ-スも多くあります。

激しく長い胸痛(30分以上)が起こりますが、

まれに痛みが無い場合があります。

冠状動脈の硬化(血栓を含む)による閉塞が原因です。

不整脈

心臓はほぼ規則正しい周期で脈を打ちます。

それが何かの原因により異常に早くなったり、

またはおそくなったり不規則になることを言います。

よくみられる場合に心室性期外収縮、上室性期外収縮があります。

種類や治療の必要性などは心電図によって解明されます。

心不全

心不全とは、血液を送る心臓のポンプ機能が悪くなって、

身体に血液を十分送れなくなった影響で現れる一連の症状、

(動悸・息切れ・むくみ・からぜきなど)の事です。

心臓病の検査方法

心電図

不整脈(脈の乱れや心臓のリズム異常など)や虚血性心疾患

(狭心症や心筋梗塞)心肥大のチェック、

心臓病のスクリ-ニングに絶対必要な検査です。

運動負荷心電図

心臓の仕事量を増加させ負担がかかった状態で、

心電図の変化・身体の状態をみます。

安静時には見つけづらい潜在性の、

虚血性心疾患や不整脈の異常をチェックします。

ホルタ-心電図

不整脈や狭心症を見つけ出すための心電図です。

ホルタ-心電計という携帯用心電計を24時間身体にセットして、

より詳しく心電図をチェックします。

心臓超音波検査

心臓の動き、心臓のかべの厚さ、弁の異常、

心臓の大きさなど心臓の器質的な異常の有無をチェックします。

さらに、血流速度の測定や逆流の有無なども知る事も可能です。

まとめ

心臓病は死に直接関係のある病気です。

40代・50代の人、特に男性は喫煙、

飲酒をする人が大変多いので特に気を付けて頂き、

上記の症状を少しでも感じたら、

かかりつけ医に早めの受診をおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

サイレントキラ-と呼ばれる生活習慣病とは?

はじめまして、グッチ-です。

30代・40代・50代のみなさん、自分の健康意識していますか?

「俺は酒を飲みたいだけ飲むんだ」とか「野菜なんて食べなくても死なない」

とか言う人がいますね・・・

たしかに今は何ともなくても5年先、10年先はどうなっているでしょう。

今の世の中お金さえ出せば、好きなものを食べたり飲んだりできます。

人間の体は、食べたもの飲んだものから出来ています。

どういうことかというと、体にいい食べ物飲み物を入れると病気になりにくい体になり、

ジュ-スやお酒、肉ばっかり食べていると病気になりやすい体になります。

それがいわゆるサイレントキラ-生活習慣病なのです。

生活習慣病とは

生活習慣病というのは、毎日の悪い生活習慣を繰り返す事が原因の事を言います。

ちょっと前に「成人病」と言われていた病気です。
昔は、中高年層がなる病気と決まっていたのです。

しかし近頃は、子供の頃からの毎日の悪い生活習慣の繰り返しが発病や病状の進行

に強く関係している事がはっきりしています。

逆に言えば、生活習慣を見直すことによりそれらの発症リスクを抑える事も出来ます。

生活習慣病は、何もせず放っておくと生死にかかわる重大な病気で、
日本人の死亡原因の約3分の2を生活習慣病が占めてるのです。

生活習慣病は大きく分類すると6種類に分けられます。
・糖尿病
・脳卒中(脳血管障害)
・心臓病(心疾患)
・脂質異常症
・高血圧
・肥満

6種類とはあくまで病名でなく総称でので、更に各々の病名に分類されます。

運動不足も注意!

食生活も大事ですが日々の運動不足も、上記の病気に影響します。

ではなぜ運動不足が悪いのか考えてみましょう。

まず人間の体は、食事から栄養を補給します。

それをエネルギ-に変えて体を動かしていきますが、

栄養過多でエネルギ-消費が少ないと、当然体にいろんなものが蓄積されます。

その代表が皮下脂肪・内臓脂肪とよばれ、いわゆる肥満というやつです!

肥満はやっぱり万病の元なので、軽い運動でいいので継続することをおすすめします。

まとめ

偉そうなことを書きましたが「お前はどうなんだ!」っていわれそうですが、

自分は整骨院を1人で営んでいますので、自分が病気になり倒れたりすると一家が路頭にまよいます。

家内が食事に気をつけてくれるので健康に過ごせています。(健康診断は受けたことはありませんが・・・汗)

それから犬を飼っているので、毎日約30分ぐらい一緒に散歩したりスロ-ジョギンクをしたりしています。

みなさんも少しづつでいいので運動してみてください。

※スロ-ジョギンクとは「隣の人と会話できるくらいの運動の強さで行うジョギンク」

と一般財団法人スロ-ジョギング協会が定義されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする