仮想通貨とアルトコインはどう違うの?

はじめまして、スギケンです。

これから仮想通貨を始めてみようかなと思う人へ、

役に立つ情報をどんどん発信していきます。

 

まずはじめにアルトコインとは何だろう。

仮想通貨とどこが違うのかと、

疑問に思う人が多くいると思います。

自分もはじめは仮想通貨なんて詐欺、

絶対手を出したらダメな危ない物だと思ってました。

しかし人間って不思議ですね、

怖い物見たさという好奇心が沸いてきて、

調べていくと安全なものも多く、

これから仮想通貨で儲けたい人の、

手助けになればと思います。

この記事を読めば、

仮想通貨、アルトコインの疑問が解決出来ると思いますよ。

仮想通貨とアルトコインの違い

ビットコイン以外の仮想通貨をまとめて、

アルトコイン(altcoin)といいます。

日本語にすると「その他の通貨」という意味です。

仮想通貨といえば、ビットコインがとても有名ですね。

やっぱり最初に世の中に出てきて世界に広まるというのは、

先行者利益があるのです。

仮想通貨といえばビットコイン!

しかし、世の中にはビットコイン以外にも数多くの仮想通貨があります。

理由は簡単です。「ビットコインのプログラムはすべてが公開しているから」です。

ビットコインはビットコインのネットワークに参加しているコンピュータ

(ノードと呼ばれます)一つ一つにプログラムをインストールして稼働させています。

なので、ビットコインのプログラムを調べて手を加えれば、

技術のある人ならば新しい仮想通貨を作ることができます。

世の中には頭のいい人が沢山いるんですね。

自分には絶対マネ出来ません

アルトコインの種類

では、一体仮想通貨は全部で何種類あるのか?

これを実際に特定することはとても難しいです。

なぜならば今この瞬間にも新しい仮想通貨が、

公開されているかもしれませんし、

誰にも知られずにいる仮想通貨もあるのでは?

と予想できるからです。

歌手で俳優のGACKTが、昨年末、

仮想通貨を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)

プロジェクトへの参加を表明、大きな話題を呼んだが、

このスピンドルプロジェクトは、

広告中止になって消えちゃいましたね。

こんな感じで話題になったけど、

消えちゃうやつもたくさんあると思います。

じゃあ一体どれくらい仮想通貨はあるのか、

少なく見積もっても1,000種類はあると予想できます。

1,000種類もあったら、

いったいどんな仮想通貨があるのかという把握さえ難しいでしょう。

そしてその中の約9割は怪しいと思います。

まとめ

今回はアルトコインとはどんなものか、

又どれくらいの種類があるのかを、

簡単に書きました。

これから仮想通貨初心者さんが、

どうやったら詐欺案件に引っかからず、

これからどの仮想通貨がいいのかを、

少しづつブログに書いていこうと思います。

それから数ある仮想通貨の情報商材で、

凄く有益な物があるので、

近いうちに紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする