アルトコインのおすすめは?

こんにちは、スギケンです。

今回はアルトコインのおすすめはどれ?って、

事で書いてみます。

どれだけ仮想通貨の事を調べても、

どれが良いのか悪いのか?

どれが本物で偽物なのか?

自分での判断が難しいですね。

それからつい最近、

コインチェックの問題があり、

仮想通貨取引所にも気を配らないといけません。

とりあえずどんどん、

知識を増やしていきましょう。

まず一番有名なビットコインを知ろう!

ビットコインは、インターネット上で使える「仮想通貨」です。

仮想通貨には日本円のコインやお札のような形がありません。

「ビットコインをどれくらい持っているか」

「ビットコインをどれくらい使ったか」という情報は、

暗号化(ブロックチェ-ン)された電子データとして、

インタ-ネット上に記録されていきます。

約1,000種類以上が存在するといわれる仮想通貨の中でも、

取引量・時価総額が最も多く、

最もメジャ-なものがビットコインです。

しかし手数料は少額でいいが、

決済完了までの時間が約10分、

場合によってそれ以上かかってしまうので、

急いでいる人にとっては、

もっと早くしてよって思うでしょうね。

次は2018年将来性があるアルトコイン!

            イ-サリアム(ETH)

2018年2月現在イーサリアムの時価総額ランキングは、

第2位となっています。

イーサリアムの時価総額はアルトコインの中で最も高く、

ビットコインの次に有力なので、

投資先としては安定していると言えます。

イーサリアムは「スマートコントラクト」の技術を利用し、

契約内容の設定とその執行を自動化することができます。

この仕組みを簡単に説明すると、

不動産会社の仲介なしで空き物件を借りられるという事です。

利用者からすれば高い仲介手数料を支払わなくて済むので、

とても便利なシステムであるということがわかりますね。

           リップル(XRP)

2018年2月現在リップルの時価総額ランキングは、

第3位となっています。

リップルは送金を迅速かつ安い手数料で行うことを、

可能にするネットワークを構築し、

銀行間取引による送金時間や高い手数料の改善に取り組んできたアルトコインです。

このリップルネットワークを使うことで、

手数料を少なく短時間で決済を行うことが可能になります。

リップルに投資している企業の中には、

GooglやSBIグル-プなどの大手の有名企業も存在しているので、

将来性には十分期待できる材料が揃っています。

          ビットコインキャッシュ(BCH)

2018年2月現在ビットコインキャッシュの時価総額ランキングは、

第4位となっています。

ビットコインキャッシュ (BCH)は、

2017年8月1日にビットコイン(BTC)からの、

ハードフォーク(ブロックチェーンの永続的な分岐を引き起こす、互換性のない仕様変更)

で誕生した通貨です。

ビットコインキャッシュは国内の多くの仮想通貨取引所で取引を行うことができます。

ビットコインには及ばないが、

国内でもビットコインキャッシュでの決済に対応する店舗等も出てきています。

ビットコインの勢いにはまだまだ及ばないが、

ビットコイン以外の仮想通貨の中では、

有力な通貨として見られています。

仮想通貨とアルトコインの違いとは?

⇒違いの説明はこちら

まとめ

とりあえず上記3つのアルトコインを、

お勧めしてみました。

3つじゃ少ないんじゃない、

って思われるかもしれませんが、

とりあえず時価総額も多く、

又一応信用出来るかなって思います。

でも皆さん気を付けて下さいね、

所詮ネットの中の仮想の通貨ですから。

本物のお金は使わなければなくなりませんが、

仮想通貨はハッキングされたり、

何かがあって消えてしまうかもしれません。

値上がりしそうだからといって、

安いコインに飛びついて、

大切なお金を失わない様に気をつけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする