アルトコインの買い方!

ど-もスギケンです。

今回アルトコインは、

どう買ったらいいかの巻です。

先日テレビで2017年М-1王者、

トロサ-モンの久保田さんが、

ビットコインの詐欺に遭っていたことを、

告白していました。

周りでビットコインは儲かるって聞いていたので、

欲が出てやられちゃったんでしょうね。

「いま1ビット200万円で取引されていますが、これから5倍、10倍と必ず値上がりします! 今なら1枚1万円でいかがでしょう」。実物の「ビットコイン」を見せられた久保田は、すっかり信じてしまい、その場で10枚10万円分を購入してしまったのだ。
 
 
自分はビットコインをネットの中の物だと知っていたので、
 
バカじゃないのって大笑いしましたが、
 
知らない人(特にお年寄り等)は、
 
簡単に騙されるんじゃないかと思いました。
 
 
そこで皆さんに正しい知識を、
 
知ってもらう為にブログを書いていきます。
 
 

アルトコインの買い方は?

 
1.取引所に登録する!
 
2.入金(銀行、コンビニ振込)する!
 
3.仮想通貨を買う!
 
購入方法はたったこれだけとっても簡単です。
 
実際に仮想通貨の売買をしている人達は、
 
株やFXなどの投資経験がない人のほうが多いので、
 
初心者でも大丈夫です。
 
 

仮想通貨はネット上の取引所でいつでも誰でも、

最低1,000円以下から売買できます。

必ずネット上の取引所で買うようにしてください。

実物はありません!

おすすめの取引所

bitFlyer(ビットフライヤ-)

f:id:bbc-21:20170505222810j:plain

1.無料でビットコインが貰える!

2.アルトコインも買える!

3.補償があって安全安心!

まずご紹介するのは、「bitFlyer」

bitFlyerの素晴らしいところは、

普段の買い物や旅行の予約、

クレジットカードの発行などで、

ポイントサイトのように無料で、

ビットコインを手にいれることができる

「ビットコインをもらう」サービスがあるということです。

そして、なんと最大500万円の補償があります。

bitFlyerの一番良いところは、

登録して日々の買い物で無料でビットコインをもらえ、

どんどんビットコインを増やせること。

日々のお金も賢く使いたい方は、

bitFlyerに登録して上手にビットコインをもらいましょう。

Zaif(ザイフ)

仮想通貨 積立

1.積み立て投資ができる!

2.手数料がマイナス!

3.取引画面も手法も簡単で、初心者でもできる!

Zaifの特徴は自動積立の設定ができ、

一度積立の設定をすれば、

自動でリスクを抑えた投資ができます。

自動積立のメリットは考えなくていいので、

初心者にバッチリ

Zaifの積立投資は仮想通貨で、

自動ドルコスト平均法を活かすことができる手法で、

今のところZaifだけが唯一対応している、

画期的な仮想通貨の運用法です。

月に1000円から積み立てることができ、

1年や2年長期スパンの目線で、

日々の価格変動に一喜一憂せず自動で投資ができるので、

初心者にピッタリです。

bitbank(ビットバンク)

1.仮想通貨の全ペアで、手数料がなんと無料!

2.最大20倍の、レバレッジをつけた仮想通貨FXが可能!

3.セキュリティがとても高い!

bitbankは、『bitbank.cc(現物取引所)』と
『bitbank.Trade(ビットコインタイプの先物レバレッジ取引所)』
の2つがある。

一般的な仮想通貨の取引で使う、

bitbank.cc(現物取引所)』は、

全てのペアでの仮想通貨の取引手数料が無料です。

つまり多くの種類のアルトコインを保有したい、

取引したいという人には欠かせない取引所です。

アルトコインを保有したら保管はどうする?

⇒アルトコインのウォレットはこちら

まとめ

金融庁は8日、仮想通貨交換業者ビットステーション(名古屋市)とFSHO(横浜市)に対し、1カ月の業務停止を命じた。(時事通信)

仮想通貨は株やFXと違ってまだまだ歴史が浅く、

いろいろな面で不備が多すぎますね。

投資の世界には「卵はひとつのカゴに盛るな」という格言があります。

卵をひとつのカゴに盛っていると、

そのカゴを落としたら全部割れて無くなってしまいます。

資産をひとつのところに全部置いておくと、

何かあったときに全部なくなってしまうので、

分けましょうということです。

新しい所もいいかもしれませんが、

コインチェックのような、

いい加減な会社もあるので、

自分の大事な資産を預けるので、

きちんと調べて運用して下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする